カルー-landscape.jpg

Tree-spotted valley during a sunset, orange and pink sky.
キャプション: 
マプタランド-ポンドランド-アルバニー生物多様性ホットスポットの一部である南アフリカのカルー地域。
クレジット: 
©WildernessFoundation /画像:Chris Marais

CEPFは、当社の上級代表者によって統治されています。 主要なドナー組織。 ドナー評議会は、投資の優先分野と戦略を承認し、戦略的ガイダンスを提供します。 (を参照してください 完全なリスト ドナー評議会の責任の。)

ドナー評議会は通常、年にXNUMX回開催され、必要に応じて文書や行動を電子的に承認します。 ドナー評議会の会議と電子レビュー文書を探す こちら

議長は、ドナー評議会のメンバーによって提案された候補者からドナー評議会によって選出されます。 議長は、世界のどのドナーからも独立しており、XNUMX年間の任期を務めることができ、XNUMX回更新できます。

ドナー評議会

議長

ジュリア・マートン-ルフェーブル

ドナー評議会メンバー

ヴァレリーヒッキー
環境、天然資源、ブルーエコノミーのグローバルディレクター
世界銀行

氷解
国際事務局気候変動・環境問題担当官
財務省
日本政府

まもなく名前が決まります
L'AgenceFrançaisedeDéveloppement

シャンタル・マリニッセン
ユニット長、環境、持続可能な天然資源
国際パートナーシップ総局
欧州委員会

ティエリー・ルノー
副書記長
動物と生態系の責任者
ハンス・ウィルスドルフ財団

カルロスマヌエルロドリゲス
代表取締役会長
地球環境ファシリティ

アストリッド・ショーメーカー
緑の外交と多国間主義のディレクター
環境総局
欧州委員会

セバスティアン・トロエン
保全パートナーシップ担当執行副社長
コンサーベーション·インターナショナル