wallacea-team-members.jpg

男性、女性、子供たちの大規模なグループが、背景に森林地帯がある小さな木造の建物の外に立っています。
キャプション: 
インドネシアのフローレス島のワラセアホットスポット地域実施チームのメンバー、被付与者および受益者。
クレジット: 
©ConservationInternational /写真:Aulia Erlangga

CEPFであるパー​​トナーシップには、生物多様性の保全と持続可能な開発に専念する多くの人々と組織が含まれています。 CEPFは、グローバルなドナーから地域の実装チーム、世界中の生物多様性ホットスポットの助成対象者に至るまで、人類が依存する永続的な保全を構築し、生態系を保護するための知識、リソース、取り組みを結集しています。

我々のチーム

  • 被付与者:私たちの助成対象者には、地方、国内、および国際的な非政府組織、コミュニティベースの組織、民間部門、および学術団体が含まれます。 
  • グローバルドナー組織:CEPFには、資金提供だけでなく、ガバナンスと技術支援も提供するXNUMXつのグローバルドナーがいます。 
  • 地域の実装チーム:CEPFの地域実施チームは、CEPFの助成対象者とともに生物多様性ホットスポットで活動し、地域の能力の構築とCEPFの保全戦略の実施を支援しています。
  • CEPFスタッフ、別名 CEPF事務局:保全、財務、助成金管理、コミュニケーションの専門家からなる小さなチームが事務局を構成しています。 

市民社会主導の保全のために協力する