介して 総額271億XNUMX万米ドルを超える助成金 2,500を超える市民社会組織および個人への技術支援、私たちはより多くを節約するために行動を起こしました 900 絶滅危機の種のIUCNレッドリストの種、およびの管理と保護を強化しました 50.3 百万ヘクタールの主要な生物多様性地域。 私たちの被付与者はまた、の設立に貢献しています 15.3万ヘクタールの新しい保護地域、 と 10.1百万ヘクタールの生産景観の管理の改善—農業、林業、または天然物の収穫が行われる地域。 と 4,000以上のコミュニティ 生物多様性のホットスポットでは、きれいな水へのアクセスの改善、土地所有権の改善、意思決定プロセスにおける表現の増加を通じて、CEPFが資金提供するプロジェクトから直接恩恵を受けています。

私たちをユニークにするもの

CEPFは、地域のインプットによって推進される生物多様性ホットスポットの保全戦略の開発を支援し、市民社会(非政府、民間部門、学術団体)にそれらの戦略を実施するための助成金を提供することにより、生物多様性を保護し、長期的な地域保全のリーダーシップを構築しようとしています。持続可能な開発を育みます。

これらの戦略は、ホットスポットの保護に取り組んでいる他のエンティティにとっても価値があるように設計されており、多くの場合、他の組織や政府とのコラボレーションと調整につながります。

ホットスポットには1​​億人以上の人々が住んでおり、その何百万人もが貧困であり、生存のために自然に大きく依存しているため、CEPFの投資は特に重要です。

私たちのドナーパートナー

この基金は、フランス開発庁、コンサベーションインターナショナル、欧州連合、地球環境ファシリティ、日本政府、世界銀行の共同プログラムです。

私たちのビデオを見る