founding_cepf.jpg

CEPFの設立時、地球環境ファシリティのMohamed El-Ashry、世界銀行のJames Wolfensohn、およびConservationInternationalのPeterSeligmann。
キャプション: 
地球環境ファシリティのMohamedEl-Ashry、世界銀行のJames Wolfensohn、およびCEPFの設立時のConservationInternationalのPeterSeligmann。

クリティカルエコシステムパートナーシップ基金となるアイデアは1996年に孵化しました。コンサベーションインターナショナル(CI)の創設CEOであるピーターセリグマンと、世界銀行の総裁に任命されたばかりの友人のジェームズウォルフェンソンは、ワイオミング州ジャクソンホールにいました。彼らが計画を立て始めたときの釣り旅行で。 

「私たちは、[世界]銀行が生物多様性の保護と市民社会の構築においてより大きな役割を果たすことができることに同意しました」とセリグマンは後に回想しました。 「それでジムは私にそれがどのように機能するかについて何かを紙に書き留めるように頼んだ。 DCに戻って、何かを書きました。」 (5〜7ページのインタビューを参照してください。 「10時のクリティカルエコシステムパートナーシップファンド:生命への投資。」)Wolfensohnは、他の組織とのパートナーシップを形成することを提案しました。ConservationInternationalと世界銀行はそれぞれ25万米ドルを寄付して物事を開始しました。 

2000年にCEPFが発足し、地球環境ファシリティがCIと世界銀行に創設ドナーとして加わりました。 ワシントンDCの世界銀行事務所でのローンチイベントで、CIは短編映画を上映しました。 「ホットスポット:地球で最も絶滅の危機に瀕している宝物を保護します。」 

2001年にジョンD.とキャサリンT.​​マッカーサー基金がパートナーシップの一部となり、2002年に日本政府がそれに続きました。最初の125つのドナーパートナーはXNUMX年間で合計XNUMX億XNUMX万米ドルをコミットしました。

CEPFは、地球で最も生物学的に豊かで最も脅威にさらされている陸域エコリージョンとして説明されている、世界の生物多様性ホットスポットに焦点を当てることが決定されました。 ジャーナルNatureの2000年の記事 科学者のノーマンマイヤーズと自然保護論者のラッセルA.ミッターマイヤーによって執筆されました。 CIの社長であったMittermeierのリーダーシップの下、生物多様性ホットスポットは、「SavetheHotspots」および「FutureforLife」キャンペーンのバックボーンとして、CIの保全活動の主要な焦点となりました。

マイヤーズ、ラッセルミッターマイヤー、クリスティーナミッターマイヤーによって執筆された、地球の生物多様性ホットスポットを正確に描写した非常に大量の記事が1999年に発表されました。 この最初の巻「ホットスポット」に続いて、ラッセル・ミッターマイヤー、パトリシオ・ロブルズ・ギル、マイケル・ホフマン、ジョン・ピルグリム、トーマス・ブルックスが「ホットスポットの再訪」というタイトルで2005年に改訂版を作成しました。

CEPFの初期投資

2001年、CEPFは、ケープ植物区、マダガスカルとインド洋諸島、西アフリカのギニアの森、熱帯アンデスのXNUMXつの生物多様性ホットスポットへのXNUMX年間の投資を開始しました。 CEPFのスタッフは科学的データを分析し、ホットスポットで地元の利害関係者や専門家と会い、最優先事項を特定しました。 その後、CEPFの最初の製品を開発しました 生態系プロファイル これらのホットスポットについて、CEPFが各ホットスポット内のどこに投資するか、およびどのような保全戦略がサポートされるかをより詳細にレイアウトします。 

作業が将来にわたって継続することを保証するために、組織は市民社会組織(非政府組織、コミュニティ、先住民組織、大学、中小企業)がスキルと能力を開発するのを支援しました。 地元の人々が生物多様性と生態系を長期的に保護できるようにすることは、CEPFの特徴となりました。 

プログラムは徐々にますます多くのホットスポットに拡大しました。 ((CEPFが投資した場所を見る.)

生態系プロファイルに対するCEPFのアプローチも時間とともに進化し、数百人の専門家と地元の利害関係者が関与するXNUMX年間の参加型プロセスになり、プロファイルを作成するための助成金を受け取るXNUMXつまたは複数の組織が主導しました。 

評価は、新たな成長するパートナーシップにつながります

2006年、当初のドナーのコミットメントの一部が終了したため、CEPFのドナーパートナーはファンドの将来について話し合いを開始し、独立した評価を委託しました。 この調査では、CEPFが強力な進歩を遂げたことがわかりました。

「ドナーはCEPFで非常に有望で特別なプログラムを開始しました。この革新的なモデルは、国際的な生物多様性保全のユニークなニッチを満たし、非常に専門的なグローバルチームと長期目標に向けて優れた初期の進歩を遂げたパートナーによって実装されています。ドナーパートナーが引き続きプログラムに資金を提供し、さらなる拡大の機会を模索することをお勧めすることを躊躇しません。」 (ウェルズ、カラン、カユム2006)

既存のドナーはCEPFの支援を継続することを決定し、新しいドナーがすぐに仲間入りしました。L'AgenceFrançaisedeDéveloppement(AFD)は25年にCEPFに2007万米ドルを約束しました。 

2012年18月、欧州連合がCEPFに12万ユーロを約束したため、グローバルパートナーシップは再び拡大しました。 「CEPFは、自然の富を保護することを熱望している世界の生物多様性ホットスポットの地域コミュニティ、市民社会組織、民間セクターの関係者に到達するための重要なメカニズムであると考えています」と、当時の欧州環境委員会のJanezPotočnikは報道機関で引用しました。貢献を発表するリリース。 「私たちは、重要な生態系をサポートし、地域社会の生活を向上させる保全プロジェクトを実施する市民社会の能力を構築する上で、CEPFが過去XNUMX年間に実証した効率と有効性を高く評価しています。」

それ以来、CEPFグローバルドナーはCEPFとの関わりを継続し、更新してきました。また、パートナーシップは、MAVA財団、マーガレットA.カーギルフィランソロピー、レオナM.およびハリーBなどのさまざまな地域ドナーパートナーとも協力してきました。ヘルムズリー慈善信託。 

2018年、戦略の変更後、マッカーサー基金はパートナーシップへの取り組みを完了しました。 

違いを生む被付与者

パートナーシップが長年にわたって提供してきたサポートにより、CEPFはこれまでに世界の24の生物多様性ホットスポットに投資し、生物多様性の保全、市民社会組織の強化に取り組んでいる243を超える市民社会団体に2,500億XNUMX万米ドルを超える助成金を提供しています。持続可能な開発を奨励します。 被付与者の業績について学びます。