ホーム > ストーリー > モーリシャスの鳥を救う
3羽の鳥のクローズアップ:ピンクと茶色の鳩の横にある茶色のハヤブサの横にある緑のオウム。
モーリシャスホン、モーリシャスチョウ、モモイロバト。
©O。ラングランド

モーリシャスの鳥を救う

自然保護論者が3種を瀬戸際から戻した方法

ドードーほど絶滅を象徴する種はおそらくないでしょう。 飛べない鳥は、オランダの植民地化に続いて、500年代後半に、マダガスカルから約1600マイル離れたインド洋の真ん中にある一片の土地であるモーリシャス島から姿を消しました。

約300年後、モーリシャスで見つかった他のXNUMX羽の固有の鳥​​が同様の運命に直面していました。

準備-for-release.jpg

チョウゲンボウの鳥を解放しようとしているXNUMX人の男性。
クレジット: 
現場スタッフは、手で育てた若いチョウゲンボウをキャリーボックスからリリースボックスに移動します。 ©JacquesdeSpéville-ボランティア写真家-モーリシャス野生生物財団

モーリシャスチョウの個体数(モーリシャスチョウ)1974年までにXNUMX個体に減少しました。次のXNUMX年間で、残りのエコーインコの数(モーリシャスホンセイインコ)両手で数えることができます。 ピンクの鳩(モモイロバト)すぐに追随し、1990年までにXNUMX人が残った。

これらの数の背後にある具体的な理由は種によって異なりますが、一般的には、荒廃した在来種の森林と、その結果としての食料の不足、および猫やマングースなどの非在来種の捕食者の結果でした。

今日に向けて早送りすると、XNUMXつの種の見通しははるかに有望です。 各人口は、XNUMX桁ではなく数百で数えることができるようになりました。 さらに、最近、モーリシャスホンチョウとモモイロバトの両方が、IUCNの絶滅危惧種から絶滅危惧種のレッドリストに「ダウンリスト」されました。これは、保護活動家とモーリシャス政府の成功の重要な指標です。

しかし、この作業はまだ終わっていません。

「[保全活動]は多面的で非常に複雑であり、長期的な取り組みが必要です」と、CEPFの助成を受けたEbony ForestLtdのNicolasZuel氏は述べています。 

それらの最初の年、自然保護論者は危機的状況にありました。

CEPFの助成を受けたモーリシャス野生生物財団(MWF)の保護ディレクターであるVikash Tatayahは、次のように述べています。 「種を長時間研究したり、時間を無駄にしたりしないことが重要です。」 

科学者たちは、残りの数羽の鳥を説得して卵を産み、ひよこを解放する準備をしました。同時に、脅威にダイヤルインし、森の鳥を観察し、鳥が野生で繁殖するために何が必要かを考えました。 

木-保育園-ferney.jpg

女性は苗床に立っています。
キャプション: 
苗床。
クレジット: 
©O。ラングランド

モーリシャスは、地球上で最も劣化した島のXNUMXつと見なされています。 鳥が繁殖するためには、間引きされた生態系を体系的に回復する必要がありました。 非在来植物種は除去する必要があり、在来種を植えてから成長する時間を与えるための道を作ります。 その間、野生に放された鳥は生き残るために補助的な餌を必要とするでしょう。

「私たちがプロジェクトに着手するとき、私たちは何十年もの間、私たちがプロジェクトに良いか悪いかで「行き詰まっている」ことを完全に認識しています」とタタヤは言いました。 「資金提供者にとっては気が遠くなる可能性があります。」

CEPFが2015年に島への投資を開始したとき、MWFが鳥を野生に導入するために必要な資金を持っていたのは数年前でした。 

新しいCEPFの資金提供を受けて、MWFはXNUMX種すべてのリリースを実施しました。モーリシャスチョウゲンボウはベルオンブルに導入され、モーリシャスホンチョウとモモイロバトはファーニーバレーとエボニーフォレストに導入されました。

しかし、コミュニティ全体からの支援がなければ、鳥の数を増やすことは長期的にはほとんど効果がありません。 自然保護論者は、さまざまな方法でその課題に取り組んでいます。

1984年に国際的な科学者のグループによって設立されました。モーリシャスの保護活動を主導したことで広く知られている今では伝説的なカールジョーンズを含みます。MWFはますます地元の人々を雇用しています。 彼らはしばしば教師、銀行家、会計士として他の仕事に就きますが、タタヤはこれらの元従業員とボランティアが組織の使命を支援し続けていると言いました。

「彼らはMWFを心に留めています」と彼は言いました。 「私たちは政府、他のNGO、民間部門、そして地域社会に同盟国を持っています。 元同僚、保全と組織を理解している人との取引ははるかに簡単です。」

このように同盟国のグループが増えているにもかかわらず、そして国の政府からの支援と良好な協力関係にもかかわらず、より多くの人々に到達する必要があります。

ピンクピジョンサプリメントフード.jpg

高架J字型パイプの横に立っているモモイロバト。
クレジット: 
エボニーフォレストのモモイロバト補助給餌ステーション。 ©O。ラングランド

エボニーフォレストは、CEPFの資金援助を受けて、島の生物多様性、在来種と外来種の動植物の違い、現在の自然保護活動について学ぶための自然保護トレーニングセンターを開発しました。

地元企業もますます関与するようになっています。

「単に小切手を渡すだけだった時代は終わりました」とタタヤは言いました。 「企業は資金を提供しますが、彼らはそれがどのように使用されているかを知りたいと思っており、彼らは彼らのスタッフが関与することを望んでいます。」

これらの成果にもかかわらず、タタヤは鳥を保護することに成功することは保証されていないと述べた。

各種の遺伝的多様性の欠如は、それらを特に病気に対して脆弱にしますが、回避することはできず、管理することしかできないXNUMXつのハードルです。 

一方、モーリシャスの急速な発展は、タタヤが述べたように、自然保護論者を「つま先で」維持します。  

島への道を見つける非在来種もまた、ますます気候変動と同様に絶え間ない懸念です。

「私は未来が挑戦的ではないふりをするつもりはありません」とタタヤは言いました。 「しかし、私たちは長い道のりを歩んできました。」

 

持続可能な開発目標15: 陸域生態系の持続可能な利用を保護、回復、促進し、森林を持続可能な方法で管理し、砂漠化に対処し、土地の劣化を停止および逆転させ、生物多様性の喪失を停止します。

愛知目標5: 2020年までに、森林を含むすべての自然生息地の喪失率は少なくとも半分になり、実行可能な場合はゼロに近づき、劣化と断片化が大幅に減少します。

愛知目標12: 2020年までに、既知の絶滅危惧種の絶滅が防止され、特に最も衰退している種の保全状況が改善され、維持されています。