ホームペー > 補助金 > 被付与者プロジェクト > モーリシャスの絶滅危惧種の固有鳥の保護に従事する民間部門への支援
Pink pigeon mid flight
絶滅危惧種のモモイロバト(モモイロバト)野生にリリースされたばかりです。
©JacquesdeSpéville-ボランティア写真家-モーリシャス野生生物財団
モーリシャスの絶滅危惧種の固有鳥の保護に従事する民間部門への支援
被付与者名: 
モーリシャス野生生物財団
ホットスポット
マダガスカルとインド洋諸島
ロケーション
AMOUNT
US $ 173,734
日付
7月2016
-
6月2019
統計
プロジェクト概観 概要
CEPFの戦略的方向性 戦略
ホットスポット
マダガスカルとインド洋諸島
ロケーション
AMOUNT
US $ 173,734
日付
7月2016
-
6月2019

モーリシャスチョウ(Falco punctatus)、モーリシャスホン(Psittacula eques)、モモイロバト(Nesoenas mayeri)のXNUMX羽の絶滅危惧種のモーリシャス鳥の個体数を私有地で再確立または強化します。 民間部門の利害関係者との覚書に署名して、在来の鳥の長期的な保護を確保し、鳥の監視と管理に関するスタッフの能力を構築します。 アプローチのスケーリングを準備するために、モーリシャスの他の民間セクターの利害関係者に学んだ教訓を伝えます。

戦略的方向性: 2市民社会が生物多様性と保全を政治的および経済的意思決定に主流化できるようにします。