ホーム > 補助金 > 被付与者プロジェクト > コミュニティベースの保護地域管理; ミャンマー霊長類保護、フェーズII
コミュニティベースの保護地域管理; ミャンマー霊長類保護、フェーズII
被付与者名: 
ファウナ&フローラインターナショナル-本社
ホットスポット
インド・ビルマ
ロケーション
AMOUNT
US $ 239,803
日付
7月2022
-
12月2024
統計
プロジェクト概観 概要
CEPFの戦略的方向性 戦略
ホットスポット
インド・ビルマ
ロケーション
AMOUNT
US $ 239,803
日付
7月2022
-
12月2024

ミャンマーのXNUMXつの保護地域に隣接する村々の間での生物多様性に優しいアグロフォレストリーへの高級なアプローチ。 民間セ​​クターのパートナーと協力してコーヒーとクルミのバリューチェーンを改善することで持続可能な資金調達メカニズムを構築し、地元の人々が西部のフーロックテナガザルとミャンマーシシバナザルのコア集団を脅かす活動から収入を多様化できるようにします。

戦略的方向性: 1主要な脅威を軽減することにより、世界的に絶滅の危機に瀕している種を優先的に保護する