ホーム > ストーリー > 各国は生物多様性を優先することに同意
CBD COP 15
CBD COP 15
©O。ラングランド

各国は生物多様性を優先することに同意

国連会議は野心的な保存と修復の目標を設定

COP 15としても知られる今月の国連生物多様性条約(CBD)の第15回署名者会議で、約200か国が野心的な新しい一連の世界的な生物多様性の目標と目標、進捗状況を測定するための監視枠組み、および資金調達と実施のための戦略。

「昆明・モントリオール地球規模生物多様性フレームワーク」として知られるこの協定は、2030 年までに生物多様性の損失を食い止め、逆転させ、生物多様性と調和して生きることを目的として、この 2050 年間の保全、回復、および関連する資金調達に関する世界的な課題を設定しています。この枠組みには、2050 年までに達成すべき 23 つの長期目標と、2030 年までに達成すべき XNUMX の緊急目標が含まれています。

目標には、陸上、沿岸、海洋の自然生息地の 30% を保護することが含まれます。 劣化した生態系の 30% を復元します。 先住民族による土地管理の促進 - CEPF とその助成金受給者が 2000 年の基金の創設以来追求してきたタイプの保護に新たな勢いを与えています。

新しいフレームワークは、愛知生物多様性目標が中断したところ、つまり、ある程度の進展が見られたものの最終的には達成されなかった世界的な目標を取り上げています。 新しい枠組みへの署名者は、その特定の目標、監視計画、および資金調達への焦点が、参加国を成功に導くことを望んでいます。

資金調達の重要な要素は、地球環境ファシリティによって設立される地球生物多様性フレームワーク(GBF基金)の実施を支援するための特別信託基金です。 この基金は、既存の支援を補完し、資金調達を拡大して、フレームワークのタイムリーな実施を確実にします。

詳細については、国連生物多様性条約のプレス リリースを参照してください。 (詳細を見る)。.