ホーム > ストーリー > CEPFに38万米ドルを提供する緑の気候基金
マングローブの緑の茂みのような植物のクローズアップ。
グランドコモロのマングローブ。
©O。ラングランド

CEPFに38万米ドルを提供する緑の気候基金

資金はインド洋諸島の気候変動への適応に向けられます

19月XNUMX日、取締役会 グリーン気候基金 (GCF)は、気候変動への対応として生態系に基づく適応を促進するCEPFが管理する、地域主導のプロジェクトを支援するために、38年間で10万米ドルの資金提供を承認しました。 プロジェクトは、コモロ、マダガスカル、モーリシャス、セイシェルのインド洋島国で行われます。 資金は経由してCEPFに流れます l'AgenceFrançaisedeDéveloppement

目標は、気候変動に直面しても回復力が必要な重要な生態系サービスを確保することにより、島の人口の脆弱性を減らすことです。 CEPFは、生態系保全において市民社会組織(非政府組織、コミュニティおよび先住民グループ、大学、民間企業)を強化し、関与させるために、過去20年間に開発した実証済みのツールと方法論を使用します。 生物多様性の保全を優先するCEPFの現在のモデルは、生態系に基づく適応の最優先事項である地理的および主題分野に直接投資するように変更されます。

CEPFは、世界の生物多様性ホットスポットの保護に重点を置いています。 GCFの資金提供の恩恵を受ける国は、すべて マダガスカルとインド洋諸島の生物多様性ホットスポット、CEPFは9.54万米ドルの保全投資の真っ只中にあります。

「このホットスポットは気候変動の最前線にあります。地元の人々は、生態系と生物多様性の変化をリアルタイムで見ています」と、CEPFの常務取締役であるオリビエ・ラングランドは述べています。 「この資金提供は決定的な瞬間を迎えています。現在および将来のパートナーと協力して、これらの壮大な島々を故郷と呼ぶ人々の利益のために保護することに興奮しています。」

資金提供の提案は、CEPFのグローバルドナーのXNUMXつであるGCF認定エン​​ティティl'AgenceFrançaisedeDéveloppementによって提出されました。 CEPFも管理するCEPFグローバルドナーの創設者であるConservationInternationalは、提案の実行エンティティとしてCEPFを代表しました。 
 
すべてのCEPFプロジェクトと同様に、GCFが支援する活動は、地域の保全と気候変動への対応に積極的な市民社会組織への助成金を通じて実施されます。 助成金は、これらの組織が能力を構築し、民間および公共部門とのパートナーシップを発展させ、長期的な持続可能性を達成し、生態系に基づく適応におけるベストプラクティスの複製を促進するのに役立ちます。 これらの活動は、国の気候変動戦略とよく一致する戦略計画によって導かれます。