ホーム > ストーリー > CEPFの2020年の写真コンテストの受賞者を発表
丸太でできた細い筏の上に立って、夕日が沈むにつれて水面を漕いでいる男性。
2020年の写真コンテストXNUMX位の勝者。
©TuanVan Hoang

CEPFの2020年の写真コンテストの受賞者を発表

敬意を表して アースデイ、第200回年次助成写真コンテストの受賞者を発表します。 今年は記録的な数の応募があり、32か国の19人の助成を受けた人からXNUMX枚以上の画像が届きました。 参加してくださった皆様、ありがとうございました!

これらのストレスの多い時代に、これらの画像は、地球が今も保持している驚くべき生物多様性と風景、そしてそれらを保護することに専念している地球の周りの人々を思い出させます。 

XNUMX位の勝者

ffi-sunset-vietnam.jpg

丸太でできたいかだの上に立って、夕日が沈むにつれて穏やかな水を漕ぐ男。 水は高く尖った丘に囲まれています。
クレジット: 
©TuanVan Hoang

ファウナ&フローラインターナショナル(FFI)-ベトナムは、カウカとチュンカーンの主要な生物多様性地域の一部である世界的に脅威にさらされている霊長類の生息地の保護と利用可能性を高めるために取り組んでいます。 インド-ビルマ生物多様性ホットスポット.

FFI-ベトナムプロジェクトアシスタントのTuanVan Hoangは、彼の仕事の一環として、GiocLung村の人々と会っていました。 CEPF資金によるプロジェクト 彼が釣りをした後、日没で家に帰る男のこの見事な写真を撮ったとき。 画像はカオバン県のチュンカーン地区で撮影されました。

「写真の雰囲気は神秘的で平和です」とCEPFの事務局長オリビエ・ラングランドは言いました。 「自然のままの自然の組み合わせ - 森に覆われたこれらのカルスト地形 - そして、漁師が戻ってきた小さな人間の居住地は、人々が自然と調和し、自然に関して生きることができるという証拠です。」

「Facebookのお気に入り」

アルモニア-ポリレピス-森-ボリビア.jpg

赤みがかった苔の上に立っている茶色と黄色の鳥のクローズアップ。
キャプション: 
2020年「FacebookFavorite」
クレジット: 
©ガルシア-ソリスヴィクトルユーゴー

ビクターヒューゴガルシア-絶滅危惧種のロイアルカマドドリのソリスの写真(ロイアルカマドドリ) ボリビアのマディディ国立公園で、私たちの Facebookページ.

この画像は、CEPFの助成を受けたAsociaciónCivilArmoníaの 鳥の生息地を保護するために働く、ボリビアのアンデス山脈にある絶滅の危機に瀕しているポリレピスの森。 

「これらの森にたどり着くことができたのはとてもエキサイティングで、とてもユニークで魅力的でした。鳥が歌うのを聞いたので、辛抱強く滞在しました。 彼は岩に着き、私を歓迎しているかのように、自信を持って数秒間私を見守っていました。」

アルモニアは、森林再生の取り組みを主導し、薪の需要を減らすために地域社会に効率的な調理用ストーブを提供し、地域の生物多様性に対する意識を高めています。 2019年のストーリーを読む 詳細については、プロジェクトについて。

すべてを見る 2020年の助成を受けた写真コンテストのエントリー.