ホーム > ストーリー > 2019フォトコンテストの受賞者
丸い帽子をかぶって、さまざまな魚を丸いボウルに入れて売っている人の俯瞰図。
CEPF2019写真コンテストXNUMX位の勝者。
©SEI / Wichai Juntavaro

2019フォトコンテストの受賞者

今日、 国際生物多様性の日、私たちは、第XNUMX回年次写真コンテストの受賞者を発表することにより、被付与者の驚くべき生物多様性保全活動を祝います。 これまで以上に多くの応募があり、CEPFの助成対象者が世界中で行っている素晴らしい仕事をまとめて強力に表明しています。

今年のエントリーには、絶滅危惧種の複数の画像が含まれていました—絶滅危惧種 ルイスの強盗カエル コロンビア、ブラジルの絶滅危惧種 アオメヒメバト、絶滅危惧種 リヴィングストンのオオコウモリ コモロでは、ヨルダンの絶滅危惧種 沿岸アイリス と絶滅危惧種 セイシェルキバラハコヨコガメ その中で。 

被付与者の現場での仕事もよく表されました。 カメラトラップの設定 ペルーと 子供の鳥のワークショップを開催 エクアドルで カタツムリの観察 サントメ・プリンシペと コミュニティ調査の実施 ラオスで。

コンテストの受賞者の皆さん、おめでとうございます。参加してくれたCEPFの助成対象者に感謝します。 私たちをご覧ください Facebookページ すべてのエントリを表示します。

XNUMX位の勝者

魚市場インライン.jpg

丸い帽子をかぶって、さまざまな魚を丸いボウルに入れて売っている人の俯瞰図。
クレジット: 
©SEI / Wichai Juntavaro

ミャンマーでは、 インド-ビルマ生物多様性ホットスポット、CEPF被付与者 ストックホルム環境研究所 (SEI)は、主に開発に関連する脅威からチンドウィン川流域を保護するために、地元の人々や政府機関と協力しています。 Wichai Juntavaroが撮影したこの組織の受賞画像は、チンドウィン川とその湿地からのさまざまな魚がカレワタウンシップの市場で販売されていることを示しています。

「この写真は、ミャンマー北西部のチンドウィン川の魚の多様性と、地域社会の幸福のためのこの資源の重要性を完璧に、そして素晴らしい才能で示しています」と、CEPFの常務理事であるオリビエ・ラングランドは述べています。 

「Facebookのお気に入り」

ダルメシアン-ペリカン-web.jpg

棒で作られた水プラットフォーム上の約XNUMXの大きなペリカンのグループ。
クレジット: 
©TaulantBino、AOS-アルバニア鳥類学会

2015年に設立されたCEPFの助成対象者 アルバニア鳥類学会 自然の生息地を回復し保護することにより、鳥を保護するために働きます。 ニシハイイロペリカンの組織のイメージ(ペリカンクリスパス)Divjaka-Karavasta国立公園では、CEPFのFacebookページで最も「いいね」を獲得しました。

に見られるダルマチアペリカン 地中海沿岸生物多様性ホットスポットは地球最大の淡水鳥であり、複数の保護団体による協調的な取り組みのおかげで、2018年にIUCNの絶滅危機種のレッドリストで「絶滅危惧種」から「近危急種」にダウンリストされました。