優先KBA
優先回廊
その他のKBA
その他の回廊
フィリピン
以前に投資した
投資
2002 - 2007
:
US $ 7万ドル
生態系プロファイル
生態系プロファイル、2001
統計
CEPF戦略 戦略
このホットスポットについて 事業概要
投資
日付: 
2002 - 2007
:
金額: 
US $ 7万ドル
対象国
生態系プロファイル

CEPFは、フィリピンの生物多様性ホットスポットへの投資中に59件の助成金を授与しました。 私たちのリソースの大部分は、ホットスポットの生物資源の70%が集中しているミンダナオ東部、パラワン、シエラマドレ回廊でのプロジェクトを支援しました。

主な成果には、合計約330,000万ヘクタールのXNUMXつの保護地域の創設または拡大が含まれています。 保護地域管理委員会と管理計画が確立され、これらの保護地域のそれぞれで運用されています。

大統領大統領令578は、CEPFによって特定されたすべての主要な生物多様性地域を「重要な生息地」であると宣言し、環境天然資源省にそれらの管理と保護のガイドラインを推進するよう指示しました。

世界的に絶滅の危機に瀕している種の避難所として機能する、合計14,000ヘクタールを超える10,000つの流域は、現在、生態系サービス(PES)に対する地方自治体レベルの支払いの恩恵を受けています。 CEPFの被付与者は、地方自治体と協力して、PESメカニズムにリンクされた流域管理計画を作成しました。 これらXNUMXつの自治体の水道区委員会は、計画の実施のためにそれぞれ年間XNUMX米ドルを約束しました。

フィリピンは、太平洋の最西端に7,100を超える島々を含み、単位面積あたりの固有の陸生および海洋の動植物種の点で、世界で最も生物学的に多様な国である可能性があります。

現在ほとんどが人間が住んでいる島々は、険しい火山の山々、高原、広大な肥沃な平原(現在は米、トウモロコシ、ココナッツの耕作地)から、世界で最もカラフルなサンゴ礁のある長い海岸線まで、多様な地形の風景を特徴としています。

多くの固有種は、ホットスポットの元の範囲のわずか7%をカバーする森林の断片に限定されています。 これには、6,000を超える植物種と、絶滅危惧種のセブフラワーペッカー(ディケウム・クアドリカラー)、絶滅危惧種のビザヤンのしわのあるサイチョウ(アセロス・ワルデニ)と絶滅危惧種のフィリピンワシ(ピテコファガ・ジェフェリー)。 両生類の固有性も異常に高く、ヒョウが飛ぶカエルのようなユニークな種を後押しします(Rhacophorus pardalis).