大警察湿地セーシェル.jpg

Wetland, green mountain in background.
キャプション: 
グランドポリス湿地、セイシェル。
クレジット: 
©海洋保護協会セイシェル

概要

2021年、CEPFは、インド洋諸島地域に38万米ドルの新たな個別投資を開始しました。 この資金は、特にコモロ、マダガスカル、モーリシャス、セイシェルの島国で気候変動に対する回復力を構築することに焦点を当てています。

野心的な10年間のプロジェクトは、地域の保全と気候変動の適応と緩和に取り組んでいる市民社会組織(非営利団体、コミュニティ、大学、民間セクター)に助成金を授与します。 

2024年、CEPFは、アフリカ、カリブ海諸国、太平洋小島嶼開発途上国(ACP-SIDS)プログラムの一環として、欧州連合から9,433,962ユーロの追加資金を受け取り、2023年から2028年にかけて、気候変動への耐性に必要な重要な生態系サービスを確保することで、島嶼人口の脆弱性を軽減することにも貢献します。

このプロジェクトの最新情報と結果はこのページで公開されます。

投資開始プレゼンテーション

材料

2021年XNUMX月のプレゼンテーション
- 英語 (PPT-33.9 MB)
- フランス語 (PPT-32.6 MB)

インド洋データシートにおける生態系に基づく適応
英語 (PDF-817 KB)
フランス語 (PDF-823 KB)