ホーム > 補助金 > 被付与者プロジェクト > サオラの優先個体群の保護:インド-ビルマホットスポットの代表的な種
緑豊かな森と川の高架ビュー。
ラオス、PhouSithone絶滅危惧種保護区
©ConservationInternational /写真:Jack Tordoff
サオラの優先個体群の保護:インド-ビルマホットスポットの代表的な種
被付与者名: 
野生生物保護学会本部
ホットスポット
インド・ビルマ
ロケーション
AMOUNT
US $ 239,703
日付
8月2010
-
6月2013
統計
プロジェクト概観 概要
CEPFの戦略的方向性 戦略
ホットスポット
インド・ビルマ
ロケーション
AMOUNT
US $ 239,703
日付
8月2010
-
6月2013

ラオスのボリカムサイ州東部の対象地域で集中的な保護管理を実施し、村レベルでサオラ保護のための構成員を構築し、管理能力の基盤を確立することにより、サオラおよびその他の世界的に絶滅の危機に瀕しているアンナン山脈の固有種のコア人口を確保します。対象地域でサオラ保護活動を維持するための財政支援。

戦略的方向性: 1主要な脅威を軽減することにより、インドシナで世界的に絶滅の危機に瀕している種を優先的に保護する