ホーム > 補助金 > 被付与者プロジェクト > インドネシア野生生物犯罪ユニット:ワラセアの野生生物取引ネットワークの解体
多くのウミガメの甲羅でいっぱいのテーブルの周りにXNUMX人の男性が立っています。
インドネシア、南スラウェシのマカッサルで押収されたウミガメの殻。
©WCS
インドネシア野生生物犯罪ユニット:ワラセアの野生生物取引ネットワークの解体
被付与者名: 
野生生物保護学会本部
ホットスポット
ウォラシア
ロケーション
AMOUNT
US $ 239,260
日付
月2015
-
9月2018
統計
プロジェクト概観 概要
CEPFの戦略的方向性 戦略
ホットスポット
ウォラシア
ロケーション
AMOUNT
US $ 239,260
日付
月2015
-
9月2018

少なくとも25人の法執行要員を訓練し、少なくとも30人の野生生物取引業者を起訴し、インドネシアの保護種リストを改革することにより、インドネシアの北スラウェシとヌサトゥンガラティムールに焦点を当て、ワラセア全体で20の優先種の人身売買と貿易ネットワークを解体します。 CEPF優先種を含める。

戦略的方向性: 1優先度の高い種への脅威に対処する